Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

ぽっこりお腹は下腹の筋肉不足も一因 骨盤を“持ち上げる”本格エクササイズで鍛えよう

著者:滝沢 ななえ

元バレーボール日本代表選手の滝沢ななえさん。現在はパーソナルトレーナー【写真:荒川祐史】
元バレーボール日本代表選手の滝沢ななえさん。現在はパーソナルトレーナー【写真:荒川祐史】

 プレミアリーグやチャレンジリーグなどで活躍した、元バレーボール選手の滝沢ななえさん。現在は都内で女性専用のパーソナルジムを主宰し、トレーナーとして活動しています。そこで「Hint-Pot」は、滝沢さんにボディメイクのエクササイズを伝授していただく連載をスタート。今回は「脱ぽっこりお腹」の中・上級編です。

 ◇ ◇ ◇

下腹部がぽっこり出てしまうのは筋力不足

 皆さんこんにちは、滝沢ななえです。前回の「脱ぽっこりお腹」初級編では、運動初心者の方でもすぐに実践できる、お腹のインナーマッスルを刺激する呼吸法を紹介しました。今回の中・上級編では、初級編でマスターした「ウォーミングアップ」と「呼吸法」にプラスするエクササイズにより、さらに引き締め効果を狙います。

 下腹がぽっこり出てしまう原因の一つは下腹の筋肉不足。実は日頃の姿勢が、下腹の筋肉不足になってしまう要因なのです。

 特に重要なのが座っている時の姿勢。まっすぐの姿勢とは本来、座骨(椅子に座った時、左右のおしりを触るとグリグリと手に感じる骨)を支点にして、骨盤を“立てて”座る状態です。骨盤を立てると、自然と上体は上に伸びていきます。実はこの時、上体が後ろに倒れていかないように、姿勢を支えてくれるのが腹筋なのです。

 でも多くの人は、どうしても骨盤が後ろに倒れてしまいがち。骨盤が後ろに倒れると腰から背中が丸くなり、前屈みの姿勢になります。すると、上半身を支える腹筋は活躍する出番がないため力がどんどん弱くなり、最後にはお腹がぽっこり出てしまう……というわけです。

 今回の中・上級編では、お腹周りの筋肉のでも体の表面に近いアウターマッスルを刺激して、下腹の筋力アップを実現! 主なターゲットは、お腹の真ん中の「腹直筋」や脇腹にある「腹斜筋」です。これらを鍛えると、お腹がくびれたり引き締め力がアップしたりと、見た目がグッと変化しますよ。

からだ・美容のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly