Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

東急目黒線で住むべき駅は? 1位はアーケード商店街が魅力 不動産のプロが指南

著者:和栗 恵

教えてくれた人:姉帯 裕樹

購入と賃貸の両方で1位に輝いたのは「武蔵小山」【写真:写真AC】
購入と賃貸の両方で1位に輝いたのは「武蔵小山」【写真:写真AC】

 目黒という名前が付くものの、東京都目黒区内にある駅は「洗足」のみという東急電鉄の目黒線。比較的地味な路線と見られていた時代もありますが、今や人気エリアです。その目黒線沿線から「住むならここ!」という街を、不動産取り扱い経験20年以上を数えるプロがズバリとチョイス。賃貸と購入から見たおすすめの上位3駅をご紹介しましょう。

 ◇ ◇ ◇

古き良き東京から脱却中 未来に期待したい目黒線沿線

「目黒」(東京都品川区)から「日吉」(神奈川県横浜市)をつなぐ東急目黒線。かつては目蒲線の一部でしたが、2000年の8月に「目黒~多摩川園」、「多摩川園~蒲田」に分割され、現在は前者が東急目黒線、後者が東急多摩川線になりました。

 目蒲線時代には地味なローカル路線と見られていましたが、目黒線に変わって「不動前」(品川区)から「洗足」(目黒区)までが地下化された2006年頃から地価が上昇。19年には「武蔵小山」(品川区)にタワーマンションが建つなど、都会化が急速に進んでいます。

 渋谷や品川へのアクセスも良い目黒線。沿線のおすすめ駅は一体どこなのでしょうか。今回も東京・中目黒で賃貸を中心に取り扱う「コレカライフ不動産」の姉帯裕樹さんに教えていただきました。

1位は「武蔵小山」 魅力的な商店街とタワマンが同居する街

【物件を購入する場合の1位:「武蔵小山」(品川区)】

「急行が停まり、全長800メートルのアーケード型商店街『武蔵小山商店街パルム』がある『武蔵小山』は、間違いなく買いのエリア。パルム沿いの物件であれば、雨の日も傘いらずで通勤通学できるためとても便利です。駅の近くにタワーマンションが建ったことで、駅周辺はきれいになりましたが、1本裏路地に入ると下町の名残りがちゃんと残り、活気があるのも良い点です。

 おすすめは新築ではなく、中古マンションや中古戸建を手に入れてのリノベーション。中原街道沿いに古いマンションが多く、物件が出やすいので狙い目です。目黒線の中では値が張りますが、価値は高く、少し安く他の駅で物件を買うよりお得かもしれません」

【物件を購入する場合の2位:「大岡山」(大田区)】

「東京工業大学の大岡山キャンパスがある2位の『大岡山』は“工業大学の街”。東急大井町線が乗り入れていて、『自由が丘』(目黒区)や『二子玉川』(世田谷区)、『大井町』(品川区)方面へのアクセスが良いのも魅力です。商店街にも昔ながらの店と現代的な店が並び、便利かつ快適。『武蔵小山』のようなアーケードはありませんが、さまざまな商店が集まっていて活気があります。

『洗足池』(大田区)にもほど近く環境が良いのに、物件価格がお安いのもうれしい。子育てしやすい街で、お手頃価格で物件を手に入れたいと思う人におすすめです」

【物件を購入する場合の3位:「西小山」(品川区)】

「3位は『西小山』。古くからの住宅街で高齢者世帯が多いエリアですが、少しずつ代替わりが進んでいて、洗足や中原街道の方面は物件が出やすくなっています。昔は駅北側に古いお店が並んでいる印象もありましたが、立会道路の並木が整備され、今では街そのものがとてもきれいになりました。住みやすさが各段に上がっています。

 駅の近くには銭湯『東京浴場』があります。2020年にリニューアルしたにもかかわらずノスタルジーを感じる、そうした古き良き文化が残るのも『西小山』ならでは。または、あえてノスタルジーを感じる作りにしたのでしょうか。『業務スーパー』もあるので、生活に困ることもなさそうです」

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly