Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

ぽっこりお腹にさよなら! 座りながらできる超簡単エクササイズ2種

公開日:  /  更新日:

著者:滝沢 ななえ

元バレーボール選手の滝沢ななえさん。現在はパーソナルトレーナー【写真:荒川祐史】
元バレーボール選手の滝沢ななえさん。現在はパーソナルトレーナー【写真:荒川祐史】

 露出も多くなる夏、ちょっとしたお腹のたるみも気になりますよね。とはいえ外は暑いし、筋トレのために時間を割く余裕も気力もない……という方もいるでしょう。そこで、「Hint-Pot」のボディメイク連載、今回のテーマは仕事やリラックスタイムの合間にできる「お腹の筋トレ 初級編」です。元バレーボール選手で女性専用のパーソナルジムを主宰する滝沢ななえさんが、椅子に座ったまま無理なく続けられるエクササイズを紹介します。ちょっとした休憩時間など、一息ついたタイミングでトライしてみましょう!

 ◇ ◇ ◇

座りっぱなしが多い人ほど腹筋が低下 ぽっこりお腹の温床に

 こんにちは、パーソナルトレーナーの滝沢ななえです。今回のテーマは「お腹の筋トレ 初級編」です。お腹につきやすい「皮下脂肪」を撃退するには、日頃から「お腹をしっかり使ってあげること」が大切。なぜなら脂肪は、「使われないところに溜まりやすい」傾向があるからです。

 現代社会に生きる私たちは、実は生活の中でお腹を使う時間がものすごく減っています。お腹って、腹筋運動をしなくても、歩いたり、走ったり、家事をしたり……と日常生活でよく使われる部位なんです。ところが、仕事はデスクワークが中心、家事は便利な家電にお任せ、歩いたり、走ったりする時間はほとんどない……という方は、お腹を使えていない時間がとても長いのです。

 特に問題なのは「座りっぱなし」の時間。人は座っている時、骨盤が後ろに倒れやすく、腰から背中が丸くなり、前屈みの姿勢になります。すると、お腹側の肉はたわみ、力の入っていない状態に。このような猫背姿勢が続くとお腹が使えないため、日を追うごとに腹筋はどんどん弱くなり、結果、例えば痩せ型の人でもお腹だけぽっこり出てしまうのです。

 日頃からお腹をしっかり刺激して、血流を良くする。これが、「お腹痩せ」の基本です。そのためには、いきなりハードな腹筋運動から始めなくても大丈夫。お腹がたわむ「座り時間」の合間に、筋肉を伸ばしたり縮めたりという運動を、ちょこちょこと挟んでいきましょう。

からだ・美容のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly