Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

カルチャー

ブラピ主演『ブレット・トレイン』 米ティーンのアイドルが“大人の俳優”になる過程とは

公開日:  /  更新日:

著者:関口 裕子

撮影中のキングを支えて励ましたブラピ

 そんな風にティーンエイジャーの世界のスターとなったキングにとっても『ブレット・トレイン』は特別に刺激的な作品だった。その際たる理由は、何といってもブラッド・ピット。「彼との撮影はとても居心地の良いもので、この時間を共有できたことをとても幸運に思っています」とキングは語っている。

“汗あるある”に思わず共感 「汗ジミ」「何度も自分の臭いを確認」よりも多い1位は?

『ブレット・トレイン』の公開に合わせて来日したブラッド・ピット。23日には京都で舞台挨拶に登場した。右は真田広之【写真:Getty Images】
『ブレット・トレイン』の公開に合わせて来日したブラッド・ピット。23日には京都で舞台挨拶に登場した。右は真田広之【写真:Getty Images】

 キングが、サンドラ・ブロックやマイケル・シャノン、真田広之ら名優たちの中でプリンスを演じることにナーバスになった時、ブラッドは「君ならできる。君がこの役を演じてくれて本当にうれしい」と励ました。それは大きな自信につながったと彼女は話す。

 また撮影中、彼女を悩ませることが起きた時にも、ブラッドらは自身の経験を語り、彼女を励ました。その後、彼女はSNSを通じ、それに対する見解を自らの言葉で発表。その勇気を与え、正しい道を選ばせた『ブレット・トレイン』は、キングをより大人の俳優にした作品でもある。いや、主役として生きていくための心構えを教えた作品というべきか。

 本作自体は、『アトミック・ブロンド』(2017)、『デッドプール2』(2018)、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)のデヴィッド・リーチが監督した“陽気なサイコパス”たちの映画だ。

『ザ・プリンセス』で大概のアクションを演じてみせたキングだが、350キロで疾走する超高速列車の中ではそれを封じ、人間心理を逆手に取って、過激なアクションを繰り広げる殺し屋たちを掌握していく。本作は、それを気楽な気持ちで楽しむ作品でもある。

 プリンスの行動で一つ賛同できるのは、人生の主役になりたければ、それを勝ち取れるのは自分自身だということ。そのためには時に危険な賭けに“乗る”必要があるし、賭けに勝つための綿密な計画が必要だ。そうしてさえも賭けに成功するかどうかは運しだい。

 プリンスが人生の主役(キング)になるための賭けの場として選んだのは“ブレット・トレイン”。そこに集うばかばかしいまでに真剣な殺し屋たちが、息もつかせぬスピードで大いに楽しませてくれるのは間違いない。

『ブレット・トレイン』9月1日(木)全国の映画館で公開 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (c)2022 Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc. All rights reserved.

(関口 裕子)

関口 裕子(せきぐち・ゆうこ)

映画ジャーナリスト。「キネマ旬報」取締役編集長、米エンターテインメントビジネス紙「VARIETY」の日本版「バラエティ・ジャパン」編集長などを歴任。現在はフリーランス。