Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

カルチャー

年末年始「トム・クルーズ自宅映画祭」のすすめ 2023年も世界を圧倒する60歳

公開日:  /  更新日:

著者:関口 裕子

2022年5月、『トップガン マーヴェリック』のプレミア上映が行われたカンヌ国際映画祭で【写真:Getty Images】
2022年5月、『トップガン マーヴェリック』のプレミア上映が行われたカンヌ国際映画祭で【写真:Getty Images】

 今年公開の洋画で一番のヒット作といえば『トップガン マーヴェリック』。約4年ぶりに来日した主演のトム・クルーズは、ファンを熱狂させてくれました。36年前の『トップガン』(1986)から当然ながら渋さが増し、7月に60歳を迎えた今年もまだまだハリウッドのトップランナー。2023年には代表作『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作も到着します。「やっぱりトムって最高すぎるのでは……」と今年改めて思った皆さん、年末年始はぜひ「トム・クルーズ自宅映画祭」でその魅力を再確認してみては? 映画ジャーナリストの関口裕子さんがナビゲートします。

 ◇ ◇ ◇

今年も大胆スタントで話題! アクション俳優として第一線

 2022年の8月、最新作『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング』の撮影中、スタントなしでパラグライダーを滑空させるトム・クルーズが目撃された。御年60歳。ほぼ自分でスタントをこなすことでも知られるトムは、アクション俳優としても第一線だ。

『トップガン マーヴェリック』の大ヒットで、トニー・スコット監督の『トップガン』を観直した方も多いだろう。操縦の腕を競いたがるやんちゃ坊主だったマーヴェリックことピート・ミッチェルは、戦略を立てられる“熱いだけじゃない大人”へと成長。デジタル制御されたコックピットで、人間ドラマを紡いでみせる俳優トムの技量に改めて魅了されたことと思う。

 トムの映画デビューは、端役で出演した1981年の『エンドレス・ラブ』。それから今までの出演・主演作はかなりの数に上り、また演じたキャラクターも幅広い。以下を参考に、自分なりの「トムクル映画祭」を考えてみるのも楽しいだろう。

青春篇:初々しい80年代のトム

 経営を学ぶためプリンストン大学を受験するつもりのジョエル(トム)。でも頭の中は性的妄想でいっぱい。旅行に出かけた親の留守中、自宅に呼んだ娼婦のラナに「用意はいい?」と甘い声で挑発されて初体験。ことが終わって料金を請求されるもお金はなく、ラナおよび元締めの男に、親の持ち物を持ち去られたり壊されたりで、家は散々な状態に。両親の帰宅日は迫り、大学の面接官もやってくる。ジョエルはことなきを得られるのか……?

1983年の初々しいトム【写真:Getty Images】
1983年の初々しいトム【写真:Getty Images】

 当時のトムは21歳だが童顔なため、性的妄想で頭がいっぱい、考えなしに行動してしまう高校生スティーブ役にはぴったりだった。一方でなぜかカリスマ性があり、友人やパートナーとなる娼婦のラナ(レベッカ・デモーネイ)と組み、“ビジネス”を成功させるという展開にも説得力を与えている。チェックのシャツに白のブリーフ姿のトムが、両親が旅行に出かけたリビングで一人踊るシーンは有名。アカデミー賞授賞式の演出動画などにも登場するほどだ。

 原題は『Risky Business(リスキー・ビジネス)』だが、日本タイトルは『卒業白書』。ここでいう卒業白書とは、「自分で蒔いた種を自分で刈り取ること」で、「それができたら合格だ」という意味なのだろう。親が見たら卒倒しそうなシーンの連続。もう挽回するのは難しいと思うところからの追い上げに、ジョエルの度胸の良さが貢献する。

○『カクテル』(1988)ロジャー・ドナルドソン監督

 ニューヨークのイースト・サイドにあるヒップなバーの仕事にありついた兵役帰りのブライアン(トム)。ビジネススクールに通いながら事業を成功させ、リッチになることを夢見るが、現実社会はなかなかシビアだ。バーテンダーのダグ(ブライアン・ブラウン)とコンビでフレアバーテンディングを行い、頭角を現していくが、些細なことでケンカ。ジャマイカに渡ってバーを始め、米国人観光客のジョーダン(エリザベス・シュー)と恋をするが……。

 1989年の日本の洋画興行3位を記録した映画。ちなみに2位もトムの『レインマン』だった。見どころは何といっても、バーテンダーがボトルやシェーカーなどを曲芸的に操ってオリジナルカクテルを作るフレアバーテンディング。運動神経の良いトムならではの技を見ることができる。公開当時、日本のテレビ番組でしょっちゅう真似されるほど人気だった。

 ジャマイカのシーンは異国情緒たっぷりで最高。ここでもトムの抜群なバーテンディングと、情熱的な恋愛模様、そしてエリザベス・シューのバク転を見ることができる。

カルチャーのランキング

  • Weekly
  • Monthly

カルチャーのWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    カルチャーのMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。