Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

オーブン不要のローストビーフ 簡単調理はおいしくできるのか やってみた

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

おせちでも重宝されるローストビーフ(写真はイメージ)【写真:写真AC】
おせちでも重宝されるローストビーフ(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 年末年始のおもてなし料理にぴったりのローストビーフ。しっとりおいしく仕上げるには絶妙な火加減がポイントですが、火を通しすぎて肉が固くなってしまったり、逆に中まで火が通っておらず生焼けになってしまったり……家庭で作るのは難しい料理です。そこで、フライパンと電子レンジだけでプロ級のローストビーフが作れるとSNSで話題のレシピに挑戦。本当に簡単でおいしくできるのかを検証しました。

 ◇ ◇ ◇

下味を付けた後、常温で15分放置して肉の温度を戻す

 まず、肉の下準備から行います。塩、ニンニク、黒コショウなどを肉にこすり付け、常温で15分置きます。肉の中が冷たいままだと火が入りにくくなるため、このひと手間が重要なポイントです。

【材料】(2~3人分)
・牛モモブロック肉 299g(今回用意した肉の重さ)
・塩        2.9g(肉の重さの1%)
・黒コショウ    適量
・ニンニク     1片(ニンニクチューブでも代用可能)
・牛脂       1個(サラダ油でも代用可能)

【用意するもの】
・キッチンペーパー
・サランラップ
・アルミホイル
・フライパン
・タオル

下味を付けた牛モモブロック肉。15分ほど常温で置くことで、中まで火が通りやすくなる【写真:Hint-Pot編集部】
下味を付けた牛モモブロック肉。15分ほど常温で置くことで、中まで火が通りやすくなる【写真:Hint-Pot編集部】

【下準備】
1. 肉の全体に塩をこすり付けて揉み込む
2. ニンニク1片をすりおろし、肉の全体にこすり付ける
3. 黒コショウを全体にたっぷりとかける
4. 下味を付けたら15分常温でおく
5. 15分後、肉から出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取る

 塩をすり込むことによって水分が出てくると、肉の身が引き締まって食感が良くなったり、焼きやすくなったりします。ここで余分な水分をきちんと取り切れないと、臭みの原因になる可能性もあるので、キッチンペーパーでしっかりと拭き取りましょう。

食のランキング

  • Weekly
  • Monthly

食のWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    食のMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。