料理・グルメ

豚ロースステーキのマンネリ打破! マッシュルームやシメジのソース

著者:和栗 恵

タグ: ,

ビタミンB1たっぷりの豚ロース。夏バテ予防にもぴったり(写真はイメージ)【写真:写真AC】
ビタミンB1たっぷりの豚ロース。夏バテ予防にもぴったり(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 全国的に30度を超える地域が多く、厳しい残暑が続いています。免疫力低下を防ぐためにも、引き続き夏バテ予防は大切。そこで糖質の代謝を助け、疲労回復効果があるビタミンB1を積極的に摂りたいものです。そこでおすすめは、ビタミンB1が牛肉の数倍以上も含まれているという豚ロース。シンプルなステーキも、キノコ類たっぷりのヘルシーソースを添えれば飽きずに食べられますよ。基本の豚ロースステーキとソースを2種類ご紹介しましょう。

 ◇ ◇ ◇

常温に戻す前に塩コショウがポイント

 豚ロースをおいしいステーキに焼き上げる際のお約束。それは冷蔵庫から取り出した冷たい状態で塩コショウを振り、それから20~30分かけて常温に戻すことです(夏場は放置しすぎに注意)。このひと手間で下味やコショウの風味が肉にしみ込むだけでなく、外側と内側の温度差が少ないため焦げることなく内部まで火が通りジューシーに。また、肉叩きや包丁の背を使ってしっかり叩いてから焼くことでやわらかく仕上がります。

○基本の豚ロースステーキ

【材料】(2人分)
豚ロース肉 2枚(1枚100gほど)
塩     少々
コショウ  少々
サラダ油  小さじ2
市販のステーキソース 適宜

【作り方】
1. 豚ロースを冷蔵庫から出し、肉叩きや包丁の背などを使ってしっかりと叩く。両面に塩コショウを振ってなじませ、20~30分ほど置いて常温に戻す
2. フライパンを熱し、サラダ油を引いて豚肉を並べる。片面を約3分ずつ焼いたら火を止めてフタをし、余熱で中まで火を通す
3. 2を皿に盛り、お好みの付け合わせを添える。ステーキソースをかける