Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

腹筋運動をせずに「ぽっこりお腹解消」 呼吸を味方につけるエクササイズ プロが伝授

公開日:  /  更新日:

著者:滝沢 ななえ

元バレーボール選手の滝沢ななえさん。現在はパーソナルトレーナー【写真:荒川祐史】
元バレーボール選手の滝沢ななえさん。現在はパーソナルトレーナー【写真:荒川祐史】

 ハレの日の食事が続いた正月休みが終わりを告げると、途端に気になるのが正月太り。そろそろ日常モードに切り替え、体を引き締めていきたいですよね。そこで、「Hint- Pot」では本日から5日間、多くの女性が悩むパーツに絞ったエクササイズを集中連載! 1回目のテーマは「脱ぽっこりお腹」。元バレーボール選手で女性専用のパーソナルジムを主宰する、パーソナルトレーナーの滝沢ななえさんが教えてくれました。

 ◇ ◇ ◇

1日2万回の呼吸で腹筋を鍛える

 運動初心者の方が「お腹痩せしたい!」という時、私が最初に教えているのは「呼吸法」です。「え!? 腹筋運動ではないの?」と驚かれるかもしれませんが、実は呼吸により、体の内側からお腹を引き締める効果が期待できます。

 女性の場合、ぽっこりお腹の主な原因が“お腹のインナーマッスル”の筋肉不足。インナーマッスルとは体の表面ではなく、骨に近い深い位置にある筋肉のことです。お腹にある代表的なインナーマッスルは「腹横筋」。肋骨と骨盤の間に、コルセットのようにぐるりと付いている筋肉です。

 呼吸が浅いと、お腹のインナーマッスルがあまり使われません。使われない筋肉はどんどん動かなくなり、弱くなってしまいます。

 もしもあなたが、呼吸が浅い、気づくと息が止まっている、呼吸する時につい肩が上がってしまう……などと感じているなら要注意。インナーマッスルが弱くなっていることが、ぽっこりお腹の原因かもしれません。

 人は1日2万回呼吸をするといわれています。つまり、呼吸が正しくできるようになれば、毎日2万回もお腹のインナーマッスルがしっかり働いてくれるということ! 呼吸を変えるだけでお腹がすっきりしてくるのです。

からだ・美容のランキング

  • Weekly
  • Monthly

からだ・美容のWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    からだ・美容のMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。