料理・グルメ

秋のお弁当のおかず 子どもも喜ぶ「レンコンミニハンバーグ」と「メカジキの焼き漬け」 絶品作り置きレシピ2品

著者:市川 千佐子

タグ: , , , ,

レンコンのミニバーグ弁当(左)とメカジキの焼き漬け弁当。作り置きしておけばラク【写真:市川千佐子】
レンコンのミニバーグ弁当(左)とメカジキの焼き漬け弁当。作り置きしておけばラク【写真:市川千佐子】

 行楽の秋。思わずお弁当を作りたくなるおかずレシピを、人気料理家の市川千佐子さんが紹介します。レンコンをたっぷり入れたミニハンバーグと、野菜も一緒に楽しめるメカジキの焼き漬け。発酵調味料を使ってふっくらジューシーな仕上がりに。作り置きもでき、子どもも喜ぶアレンジ可能なおかず2品です。毎日のお弁当作りのコツとともにお届します。

 ◇ ◇ ◇

おかずは「ほぼ3品」と決めるとラク メイン、サブ、野菜で

 毎日のお弁当作り、おかずに頭を悩ませていませんか? なるべくバランスよく、手作りで作れたら、うれしいですよね。私が考える毎日のお弁当は、いたってシンプル。おかずは、「ほぼ3品」と決めてしまうと気が楽です。さらに、塩麹やしょうゆ麹などの発酵調味料を使って、作り置きするのもおすすめです。

 基本のお弁当は、ごはんを主として、次のものを入れます。

〇1品目 「メインのおかず」となる、肉や魚など
〇2品目 「サブのおかず」となる、卵、厚揚げ、豆など、肉・魚以外のタンパク質
〇3品目 「野菜のおかず」となる、ブロッコリー、インゲン、ピーマン、ニンジン、カボチャなど

「メインのおかず」は、発酵調味料を使って、保存もできるよう、しっかりと味をつけて作ります。冷蔵・冷凍保存して、作り置きしておくと便利です。

「サブのおかず」は、シンプルに。卵焼きやゆで卵、厚揚げを焼いてショウガじょうゆをかけるだけや、市販の煮豆を使うのもよいでしょう。

「野菜のおかず」は、茹でたり、炒めて、塩・こしょうで味をつけるだけ。メインのおかずと合わせて調理すれば、さらに簡単です。

 今回は、発酵調味料を使った、「メインのおかず」2品をご紹介します。

 1品目は、旬のレンコンをたっぷり入れた、ミニハンバーグ。レンコンは、細かく叩いてからひき肉に混ぜれば、つなぎにもなり、冷めても固くなりにくいです。塩麹で、うま味を引き出します。

 2品目は、メカジキの焼き漬け。メカジキを焼いて、しょうゆ麹のタレに漬けるだけ。固くなりやすいメカジキが、ふっくらと仕上がります。野菜を一緒に漬ければ、時短にもなります。

 どちらも、冷蔵・冷凍保存できるので、まとめて作って、秋のお弁当を楽しみましょう。