暮らし

家賃は滞納 ガスは供給停止 飲み会通いがやめられない貧困女子の実態 「誰かにぎゅーってされて寝たい」

著者:Ryo

タグ: , , ,

家賃や公共料金の支払いより飲み会を重視

 たとえ飲み放題などで、1回の飲み会代を3000円ほどに抑えられたとしても、それを2~3日続ければ一週間に6000~1万円近い支出になる。当然、毎月多額のお金が出ていく。アイドル活動をしているといえど、そのお金は一体どこから出てくるのか。彼女はあっけらかんと次のように言い放った。

「私、家賃も滞納しているし、この間なんてガスも止まって寒くて死ぬかと思いました(笑)」

 驚いた。

 普通の感覚であれば隠したいであろうことをいとも簡単に、しかも楽しそうに話すのだ。どうやら生活費を削って……いや、払うことなく飲みに来ているらしい。とはいえ女の子。お風呂に入らないわけにはいかないだろう。

「ガスが止まったら友達の家に行きますね。んで、ご飯は年上に払ってもらう。タクシーは乗り合わせて自分が先に降りる。そうすれば節約できるんです」

 そもそも“節約”の定義からほど遠く離れているような気もするが、彼女の生きて行くための手段なのだろう。恥ずかしいだとか、その生活を変えていこうだとかいう気持ちはみじんも見えなかった。

自分探しの途中だから

 生活費を後回しにしてしまうほど、寂しくて飲み相手を探してしまうなら、恋人を作るなり、没頭できる趣味を作るなりしてみるべきだと、私は思う。しかし、彼女の飲み会への思い入れは、私の想像以上のものだった。

「夜の世界は、社会の縮図じゃないですか? 若い時にいろんな人に出会って、その価値感を学ぶために、なるべく飲み会には参加するんです。“自分探し”の途中なので(笑)、自分が将来何をしたいかを知るため、的な? それにだいたい人脈って飲み会で作れるし」

 彼女は、手あたり次第、飲み会に参加することで、新しい人脈と価値観を得ているという。それが今の彼女の世界観の中で最も価値あるもののようだった。

 きっとN美さんは、“自分探し”の旅が続く限り、彼女なりの“節約”をしながら飲み会に参加し続けるのだろう。人間は皆いつまでも自分を探しているものだと私は思う。彼女の話を聞きながら、私も彼女に倣って誰かれ構わず飲み会に参加すべきか……と考えてみた。

 いや、違う。しっくりこない。誰かと飲むお酒は確かに楽しいが、それが自分の利益や欲のためになってしまったら、きっとその欲望はいつまでも尽きず、彼女と同じように飲み会そのものに依存をしてしまうだろう。

 彼女が自分を見つけられる日を願って、今日もひとり晩酌するとしよう。