Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

カルチャー

「何度もテイクを重ねて…」 原作者とプロデューサーが語るドラマ「アンメット」の裏側

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部・鍬田 美穂

ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」の主人公・川内ミヤビ役の杉咲花さん【写真提供:カンテレ】
ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」の主人公・川内ミヤビ役の杉咲花さん【写真提供:カンテレ】

 五感や体を動かすほか、生命活動を司るうえで欠かせない機能を多く持ち、知識や大切な思い出を記憶している脳。まだ解明されていないことも多いといわれる、脳と記憶をテーマにしたドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」が話題になっています。「Hint-Pot」編集部では前後編にて、原作者で元脳外科医の子鹿ゆずる先生と、ドラマを手がける関西テレビ(以下、カンテレ)のプロデューサー・米田孝さんに、お話を聞きました。

“汗あるある”に思わず共感 「汗ジミ」「何度も自分の臭いを確認」よりも多い1位は?

 ◇ ◇ ◇

「脳に障害を負った当事者やご家族が、納得してご覧になれる」

 週刊漫画雑誌「モーニング」(講談社)で連載中の同名コミック原作者である子鹿先生は、元脳外科医。それだけに、臨床や医局での会話、実際の症状や後遺症について、リアルな作品にすることを大切にしています。

「漫画原作のスタートを機に、SNSで医療的な説明の補足を発信しています。脳に障害を負った当事者やご家族から、周囲の理解を得る助けになるといった声も多いです。ドラマも、そうした方たちが納得してご覧になれるもの。綿密に、テーマや実際の状況を訴えられるものになっていると思います」

 実は複数の実写化オファーがあったそう。今回、ドラマ化が実現した理由を子鹿先生は「米田プロデューサーの本気度と、ミヤビを主人公にしたいという要望をいただいた点も大きい」と話します。

「漫画の主人公は、天才外科医の三瓶友治です。今作がデビュー作で、うまくミヤビを描き切れない面を感じていました。人物設定からすると、ミヤビは主人公になり得るキャラクター。ドラマとして自由に描いていただくようゆだね、お任せしたいと感じました」

 杉咲花さんが演じるドラマの主人公は、漫画の主要な登場人物の川内ミヤビ。不慮の事故で脳に損傷を負い、後遺症で過去2年間の記憶を失ったうえ、朝には前日までの記憶がリセットされてしまう脳外科医です。

 プロデューサーの米田さんは、2021年に単行本コミックスで作品と出合い、当初からミヤビを主人公にした実写化をイメージしていたのだとか。

「ドラマでは客観視点も大事ですが、視聴者が想像力を働かせることができる、登場人物の心情を体感できる作り方が大切です。その人物視点は誰なのか? とイメージしたとき、すぐにミヤビを主人公にしたいと考えました」