料理・グルメ

お餅のアレンジレシピ 子ども喜ぶとろーりグラタンと辛くないトッポギ風 2選

著者:市川 千佐子

タグ: , , ,

お餅を使った2品 グラタンとトッポギ風【写真:市川千佐子】
お餅を使った2品 グラタンとトッポギ風【写真:市川千佐子】

 お餅を使ったレシピ2品を、人気料理家の市川千佐子さんが紹介します。子どもも喜ぶクリーミーなグラタンとトッポギ風の煮込み料理です。受験生の夜食にもぴったり。固くて切りにくいお餅ですが、電子レンジでちょっとだけ温めてから切ると、切りやすくなるそうです。

 ◇ ◇ ◇

お餅が固くて切りにくい時は電子レンジを活用して

 小腹がすいたとき、お餅があると便利ですよね。腹持ちもよいので、子どもの軽食にも最適。焼くだけでは、飽きてしまって、段々と食べてくれなくなることも……。そんな時、子どもが喜ぶ、クリーミーなグラタンや、トッポギ風の辛くないケチャップ味の煮込みにすると、お餅のイメージが変わりますよ。ネギ類をたっぷり入れれば、この時期、気になる風邪予防も期待できます。

 お餅は、小さく切って、調理すると、短時間で火が通り、食べやすいのでおすすめです。お餅が固くて切りにくいときは、電子レンジで少し加熱し、水で濡らした包丁で切ると切りやすくなります。目安は、切り餅1個あたり、電子レンジ700Wで10秒ほど。加熱し過ぎると、溶けてしまうので、ワット数により加熱時間は調整して下さい。

 お子さんが食べるときには、お餅をのどに詰まらせないよう、少量ずつを口に入れて、よくかんで食べるよう、しっかり声かけをしてくださいね。お餅は、3歳くらいから食べてもOKと言われていますが、個人差があるのでお子さんの様子を見て、食べているときは、目を離さないように気をつけましょう。