インタビュー

難しい漢字の覚え方で人気の「オジンオズボーン」篠宮の素顔 2児のパパでイクメン奮闘中 “怖~い妻”に感謝も

著者:中野 裕子

タグ: , , ,

2児のパパでもある篠宮さん。家事や育児をこなすと語る【写真:ショーン】
2児のパパでもある篠宮さん。家事や育児をこなすと語る【写真:ショーン】

いい具合にブレーキかけてくれる“怖い嫁”のおかげ? 仕事が順調に

 家事もよくやっている、と自分では思っています。掃除機かけて、布団畳んで、洗濯機回して、干して、取り込んで、皿洗いして……。でも、妻は不満みたい。料理はほとんどやらないので「友達の家の旦那さんは、料理も毎食作ってるよ!」って比べられます。本当かな、って思うんですけど、口答えしたら火に油を注ぐだけなので(笑)、黙って耐えています。

 怒らせると、家から締め出されますから。例えば、飲みに行って「11時半に帰るから」と言って12時に帰ったら、家のドアにチェーンをかけて入れてくれません。冬やと寒いからきついですよ~。しょうがないから漫画喫茶に行って夜を明かし、昼間、妻が仕事に行っている間に帰ります。そうするともっと怒られるんですけどね。機嫌が直るまでに最低4日はかかります!

 でも、実は怒られるのが嫌いじゃないのかもしれません。妻が怒るので芸人仲間が飲みに誘ってくれなくなったんですけど、そうしたら、途端に仕事が順調になり出したんです。

 だから、昔みたいに自分の好き勝手にやると仕事がなくなるんじゃないか、って恐怖感があるんですよ。いい具合にブレーキかけてくれてるのが“怖い嫁”なのかな、って思っていますね。

 新型コロナウイルスで外出自粛の間は、妻も子どもも家にいたんで、妻のイライラは普段の倍以上でしたね。何を言われても「口答えせんとこう」と決めて耐えていました。もう修行。その分、余計に妻が寝た後、「よっしゃー! 自由や!!」って解放感でものすごく気持ち良くなって、漢字の勉強したり、お菓子食べながら好きな特撮作品とかYouTubeを見たりして楽しんでいました(笑)。