海外ニュース

メーガン妃とヘンリー王子 見え隠れするダブルスタンダード “暴露本”伝記の発売は英王室を揺るがすのか

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:Getty Images】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:Getty Images】

 新型コロナ禍にある英国だが、ロイヤルファミリーの話題は尽きない。特に8月に発売予定のメーガン妃とヘンリー王子の“暴露本”とも言われる伝記「Finding Freedom(自由を探して)」は、その内容が一部明らかになり、連日報じられている。度重なる英メディアからのバッシングもあって“王室引退”し、米ロサンゼルスで穏やかな暮らしを求めていたはずの夫妻だが……。93年に渡英、ロンドン市内の出版社勤務の経験もあり、常に現地の話題や情報の最先端に身を置く、英在住のライター・森昌利氏に寄稿してもらった。

 ◇ ◇ ◇

一部公開された内容に衝撃 著者は「夫妻の取材はしていない」と公表

 メーガン妃とヘンリー王子の伝記については、英高級紙「タイムズ」が内容の一部を2日にわたって公開したのだが、その前から英大衆紙では王室の上級スタッフ筋の「きっと苦情リストのような内容になる」というコメントが大々的に報じられていた。

 ところが実際に内容が明らかになると、その衝撃は予想以上で、英国はもちろん世界中に大きな波紋を呼ぶことになった。

 それにしても、理解できない点がある。

 この著作について、著者2人がメーガン妃とヘンリー王子からの協力は「一切ない」と公表していることだ。著者は“メーガン妃の私設応援団”と言われるほどメーガン擁護一点張りの論調で知られる、王室ジャーナリストのオミッド・スコビー氏と、スコビー氏の友人でやはりメーガン派の米国人セレブリティ・ジャーナリストのキャロライン・デュランド氏。発売が報じられた当初は、口述自伝とみられていたのだが「夫妻は正式認定をしていない」とされている。

 その一方で、「Finding Freedom(自由を探して)」は“王室引退”までの本当の経緯を明かし、メーガン妃の短い王室生活に一体何があったのか明確にすると宣伝されている。しかも公開された一部の内容には、メーガン妃とヘンリー王子の2人を取材した以外に出どころが考えられないような生々しさがある。

 もちろんジャーナリストが暴露する時、ニュースソースの安全を最優先して、それが誰かを明かさないのは鉄則だと言える。しかしながら、サセックス公爵(ヘンリー王子、メーガン妃)夫妻でなければ語れないような、感情にまで及ぶ明確なエピソードの数々を書きながら「2人への取材は一切していない」というのは、何とも白々しい印象を受ける。