恋愛・夫婦

「確実な証拠で夫を追い込みたかった」 浮気された経験者100人が回答したリアル

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

配偶者の浮気が発覚!?  された側の経験者100人が語るリアル【写真:写真AC】
配偶者の浮気が発覚!? された側の経験者100人が語るリアル【写真:写真AC】

 もしも自分の配偶者・パートナーが浮気、もしくは不倫をしていたら? 誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。しかしそれが現実となった時、どういった行動をとるべきなのか、戸惑ってしまう人がほとんどだと思います。相手の浮気を実際に経験した人たちが回答した「浮気調査に関するアンケート」調査から、当事者のリアルを探ってみましょう。

 ◇ ◇ ◇

配偶者の浮気を知ったきっかけ1位は予想通り?

 ホワイトベアー株式会社が運営する探偵事務所マッチングサイト「探偵SOS」は2021年4月、配偶者の浮気を経験した男性50人・女性50人を対象に「浮気調査に関するアンケート」を実施しました。一般的な調査で対象100人は少ない部類に入りますが、“浮気された側”という条件からすると少し珍しい調査かもしれません。

 まず、何と言っても気になるのが気付いたきっかけ。男女別に「配偶者の浮気をどのようにして知りましたか?」と尋ねる設問は以下の結果でした。

【浮気をどのようにして知りましたか?(女性回答)】
1位「携帯・スマホをチェックした」(27人・54%)
2位「言動があやしい」(18人・36%)
3位「ラブホテルやレストランのレシートを見つけた」(5人・10%)

【浮気をどのようにして知りましたか?(男性回答)】
1位「携帯・スマホをチェックした」(24人・48%)
2位「言動があやしい」(22人・44%)
3位「浮気の現場を目撃してしまった」(4人・8%)

 男女ともに1位は「携帯・スマホをチェックした」でした。「配偶者のスマホを覗き見してもいいことは何もない」とよく聞きますが、どうやら事実なのかも? やはり携帯やスマホで浮気相手と連絡を取る人が大半と思われるため、そこをチェックされると簡単にバレてしまうようです。

浮気を知った後はどうなる!? 「許せない」と思う対象は男女で差

 配偶者の浮気を知ると、胸にはさまざまな感情が押し寄せるでしょう。そこで、怒りが湧いてくるのは誰に対してなのか? 「浮気を知ってどのように思いましたか?」という設問を見てみましょう。

【浮気を知ってどのように思いましたか?:女性】
1位「配偶者を許せないと思った」(25人・50%)
2位「両方を許せないと思った」(25人・50%)
順位なし「浮気相手を許せないと思った」(0人・0%)

【浮気を知ってどのように思いましたか?:男性】
1位「両方を許せないと思った」(26人・52%)
2位「配偶者を許せないと思った」(18人・36%)
3位「浮気相手を許せないと思った」(6人・12%)

 女性が「許せない」存在は「配偶者」と「両方」の真っ二つに分かれました。一方の男性は、「両方」が半数以上に。「浮気相手だけ」は男性で6人いますが、女性ではゼロというのも興味深い結果です。状況のパターンにもよりますが、浮気された側の自覚が「奪われた」か「裏切られた」なのかで、許せない相手は違ってくるかもしれませんね。

 さて、浮気を知ってから訪れる次の段階は“感情の処理”です。「浮気されたことを誰かに相談しましたか?」という設問では、男女ともに1位は「していない」(女性25人・50%/男性29人・58%)となり、2位に「友人」(女性20人・40%/男性15人・30%)、3位に「家族」(女性4人・8%/男性4人・8%)と続きました。

 配偶者の浮気を他人に話すのは抵抗がある……と感じている人が多いようです。気心の知れた友人ならまだしも、家族には心配をかけたくないもの。また、浮気された側の自覚によりますが、「恥」ととらえるパターンや、頭が混乱して誰に何を話していいのか分からないといったパターンも考えられます。