料理・グルメ

中華料理だけじゃない! チンゲン菜を使った本格イタリアンとタイ料理のレシピ2品

著者:和栗 恵

タグ: ,

中国では薬膳にも使われているチンゲン菜(写真はイメージ)【写真:写真AC】
中国では薬膳にも使われているチンゲン菜(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 安価で季節を問わず手に入りやすいため、日本でもなじみ深い中国野菜の1つ「チンゲン菜」。中国では薬膳にも使われ、体に溜まった余分な熱を取り、気や血のめぐりを良くする働きがあるとされています。このため、コロナ禍のストレスから来る不調を解消するには持ってこい。シャキシャキ食感と癖のない味わいは、中華料理以外でも楽しめます。今回は、チンゲン菜を使ったペンネアラビアータとタイカレーをご紹介しましょう。

 ◇ ◇ ◇

食感が楽しい、チンゲン菜×ペンネのパスタ

チンゲン菜のみずみずしさが相性抜群【写真:和栗恵】
チンゲン菜のみずみずしさが相性抜群【写真:和栗恵】

 アラビアータはトマトをベースに、唐辛子とニンニクのピリッとした辛さを効かせたスパイシーなパスタソース。そこにチンゲン菜をプラスすると、シャキシャキ食感がアクセントになります。またあっさりとした味わいになるため、暑くなるこれからの季節にもおすすめです。おいしく作るポイントはオリゴ糖で甘味を足すこと。

○チンゲン菜のペンネアラビアータ

【材料】(4人前)
チンゲン菜      2株
玉ネギ        1個(中くらい)
ペンネ(乾麺)    300g
ホールトマト     1缶(400g)
ベーコン       60g
ニンニク       2片
オリーブオイル    大さじ6
鷹の爪(輪切り)   大さじ1/2
オリゴ糖(シロップ) 大さじ1
塩          少々
コショウ       少々

【作り方】
1、ホールトマトをフードプロセッサーに入れ、10秒ほど2回回し、なめらかなペースト状にする
2、玉ネギは皮をむいてざく切りに、ベーコンは一口大に切る。ニンニクは皮をむいてから包丁でつぶしておく。チンゲン菜は葉と茎の2つに分けて切り、さらに葉はザクザクと大きめに、茎は3cm幅に切る
3、フライパンにオリーブオイル、鷹の爪、ニンニクを入れて弱火にかける。香りが立ったら玉ネギを加え、ほんのりキツネ色になるまで炒めたらベーコンを加える。
4、鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩大さじ1(分量外)とペンネを入れ、指定の時間通りに茹でる
5、3のフライパンに1とチンゲン菜の茎を加えて煮立たせる
6、チンゲン菜の茎に火が通ったら葉の部分も加え、さらにオリゴ糖と塩・コショウで味を調える
7、茹で上がったパスタの湯をよく切り、トマトソースに絡めれば出来上がり

※野菜をたっぷり摂りたい場合は、チンゲン菜の量を増やしてもOK