料理・グルメ

目にも舌にも涼しい! ひんやり系おとりよせ和スイーツ5選 夏限定発売の一品も

著者:中塚 真希子

タグ: , , ,

日本のおいしい天然水だからこそ作ることができる和スイーツ【写真提供:まるもち家】
日本のおいしい天然水だからこそ作ることができる和スイーツ【写真提供:まるもち家】

 焼け付くような日差しが照り付ける真夏の午後。そんな日のスイーツは、やっぱり冷たくて甘いものが最適ですよね。今回の「おとりよせスイーツ歳時記」は、暑さで火照った体を冷やしてくれるひんやり系の和スイーツをご紹介。水風船みたいな餅菓子から、見た目も涼感たっぷりな羊羹まで、美しい旬の和スイーツ5種です。

 ◇ ◇ ◇

水のように口の中で消えていく新感覚の和スイーツ「水まる餅」

 京都の伏見稲荷に本店をかまえる「まるもち家」。同店の名物和菓子といえば、SNSで驚異の26万“いいね”を叩き出した「水まる餅」です。ゼリーでもなく、わらび餅でもなく、まるで水のように口の中で消えていく新感覚の和スイーツは、水風船のようなフォルムのパッケージが何ともユニーク! この透明な風船を爪楊枝でプチンと割ると……。中からは驚くほどプルプルの「水まる餅」が飛び出してきます。

 シンプルな素材だからこそ徹底的にこだわり抜き、“おいしい水を食べる”を形にしたお菓子なのだそう。その唯一無二の口溶けとプルプル食感は、クセになること間違いなし! お好みで付属の黒蜜やきな粉をかけて召し上がれ。

「水まる餅」(3個入り)
価格:2100円(税・送料込)
賞味期限:最大15日間
販売期間:通年
購入:「まるもち家公式サイト」(https://marumochiya.net

SNS映えはもちろん味も最高! 作りたてもなかを味わう「ちゃわん最中」

30年の時を経て復活した「ちゃわん最中」は今SNSでも大人気!【写真提供:灯す屋】
30年の時を経て復活した「ちゃわん最中」は今SNSでも大人気!【写真提供:灯す屋】

 有田焼の名産地である佐賀県有田町。かつてその町で愛されていた銘菓「ちゃわん最中」が昨年、まちづくり団体「灯す屋」によって復活しました。有田焼のフタ付き茶碗を模した形のもなかは、かわいいだけではありません。もなかの皮は国産の餅米で作られており、香ばしい香りがたまらない!

 通常は皮と一緒に粒あんの瓶詰めがセットになっていますが、夏季限定でレモンあんのセットが登場。もなかの茶碗にごはんをよそうようにあんを入れると、作り立てでサクサクのもなかが完成です! 皮とあんが別々に入っているから、アレンジレシピを試すことができるのも魅力的。暑い日はレモンあんを冷やして、クリームチーズやフルーツ、アイスなどを加えれば、夏にぴったりの和なデザートが楽しめます。

「ちゃわん最中」(5組入り瓶詰レモンあんセット)
価格:1820円(税込)
賞味期限:最大3週間(未開封の場合)
販売期間:8月までの期間限定、数量限定販売
購入:「ちゃわん最中オンラインショップ」(https://chawanmonaka.official.ec