恋愛・夫婦

「性行為は絶対に気持ち良い」は固定観念? 捨ててみるとグッと楽になれる可能性も

著者:yoshimi

教えてくれた人:OliviA

タグ:

スキンシップが嫌になった原因を突き詰めて考えてみる(写真はイメージ)【写真:写真AC】
スキンシップが嫌になった原因を突き詰めて考えてみる(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 性との向き合い方に悩む読者の皆さんから寄せられたご相談に、ラブライフアドバイザーのOliviA(オリビア)さんが優しく回答するこの連載。前回に続き、今回のテーマも【性行為の満足度】です。性行為は“絶対に気持ち良い”ものなのでしょうか? 性行為に懐疑的な気持ちを抱いているというお悩みを、OliviAさんがゆっくりと紐解いていきます。皆さんの場合はいかがですか?

 ◇ ◇ ◇

性行為に限らず何事にも「絶対」はない

【今回のお悩み1】
「女性です。性行為で眠ってしまいそうになるくらい気持ち良さが感じられません。『性行為をする意味とは?』と考えてしまいます」(Dさん)

「性行為をする意味とは?」と考えてしまうとのことですが、その前に性行為は誰もが必ずしも気持ち良さを感じる行為ではないという事実があります。性行為に限らず、何事にも「絶対」はありませんから。そのため、まずは「固定観念を捨ててみてください」とお伝えしたいですね。

 中には“性行為に対する理想”が高い方もいらっしゃいます。オーガズムを得て、めくるめく官能があって、コミュニケーションも取ることができる……など「性行為は絶対に気持ち良い」と思ってしまい、現実とのずれが生じることも。

 そこで、もう少しハードルを下げてもいいのではないでしょうか。「オーガズムはなかったけれど、肌の温もりが感じられて安心できた」「すごく気持ち良いわけじゃなかったけど、痛くない性行為ができた」……こうした性行為もありだと思うことで、少し気持ちが楽になるのかなと思います。

興奮はないかもしれないけどリラックスしているという面も

 また、相談者さんが途中で「眠ってしまいそうになる」のは、相手に身をゆだねることができる、相手が危険なことをしないと思っている状況ではないでしょうか。とてもリラックスしていると受け取ることもできるので、興奮はないものの相手に身も心も許しているという良い面があるのかもしれません。

 そして、リラックスしているのに気持ち良さを感じられない状態とは、“性行為へのスイッチがうまく入っていない”ということです。

「性行為が始まるぞ」となると、体は基本的にスイッチが入って官能モードになります。ですので、心地よいスイッチが入るような妄想をするなど、自分の脳と体を官能モードに近付けようとしてみてはいかがでしょう。

 また、眠気の原因が性行為のマンネリ化であれば、興奮していた頃の行為を再現してみるのも改善策の1つかと思います。