インタビュー

子宮頸がんから復活 美ボディ競技の女王が闘いを経て目指す新ステージとは

著者:Hint-Pot編集部・佐藤 直子

タグ: ,

全日本ビキニフィットネス2連覇を果たした直後、子宮頸がん宣告を受けた長瀬陽子さん【写真:荒川祐史】
全日本ビキニフィットネス2連覇を果たした直後、子宮頸がん宣告を受けた長瀬陽子さん【写真:荒川祐史】

 さまざまな分野で活躍する女性たちにスポットライトを当て、その人生を紐解く連載「私のビハインドストーリー」。37歳までトレーニングとは無縁の人生を歩みながら、わずか3年目でビキニフィットネス国内女王に輝いた長瀬陽子さんに話を伺います。後編の今回は、世界選手権を志すもその目前に突然のがん宣告。その後、子宮頸がんとの戦いに打ち勝った長瀬さんに、「がんからの復活」と「私らしさの見つけ方」についてお聞きしました。

 ◇ ◇ ◇

目標達成の目前にがん告知 子宮を摘出することに

 7年前まで普通の主婦だった長瀬さん。ミセス・ワールド日本代表の経験がきっかけで37歳からトレーニングに目覚め、ビキニフィットネス競技の世界に飛び込みました。

 トレーニングを初めて3年目の2018年には、JBBF全日本選手権で初優勝。2019年出場を目標にしていた世界選手権への切符を、予定より1年早く手に入れました。ところがこの全日本選手権に前後して、生理の遅れと下腹部の違和感を覚えたことから検査を受けた結果、子宮頸がんが見つかります。

 全日本選手権後に行った円錐切除術で、ステージIIBであることが判明し、翌2019年には子宮摘出手術を受けることに。手術の際、下腹部の引き締めに重要な腹直筋は切開したものの、幸いにもリンパ節切除と抗がん剤治療は免れました。

入院中の長瀬陽子さん【写真提供:長瀬陽子】
入院中の長瀬陽子さん【写真提供:長瀬陽子】

 とはいえ、目標達成までの道のりを具体的に思い描き、現実化するのが長瀬さん流。この時ばかりは「頭の中にプランを描いていたけれど邪魔も入るということ。想像通りのことばかりじゃないんだと思い知らされました」と話します。

 それでも長瀬さんは、心が折れることなく「復活を信じて軌道修正」。術後は入院中から「自分に毎日課題」を与えていたそう。点滴スタンドを杖代わりにラジオ体操に参加したり、病棟1階にあるコーヒーショップまで出かけたり……。

 この頃の長瀬さんはすでに、半年後のアジア選手権出場を見据えていたのです。そのためには「もうスタートしないといけない」と、退院を待たずに動き始めました。