恋愛・夫婦

忙しいアピールが…婚活アプリで詐欺未遂に遭った女性 違和感を抱いたポイント6つ

著者:五十嵐 べる

タグ: , , , ,

違和感だらけのはずなのに……なぜ騙される?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
違和感だらけのはずなのに……なぜ騙される?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 マッチングアプリを使った婚活が定番化しつつある現在、国民生活センターは「詐欺的な賭け事や投資などの海外サイトに勧誘する手口が目立っている」と注意喚起しています。また、直接金銭を詐取しようとするケースも多いようです。ここでは、後者の被害に遭いかけた40代女性ライターの体験談をお届けします。最終回の今回は、徐々に本性を現した相手の“謎深い行動”と、経験を踏まえて「なぜ騙されてしまうのか?」を分析しました。

 ◇ ◇ ◇

学歴詐称疑惑が深まる言動の数々 「やはり変だ」と確信へ

 そしてついに2回目のデート。麻布十番に私服で現れた男性は、はぁはぁと息を切らせながら走ってやってきました。服装はボタンが欠けたピーコートにチノパン。素足に履いたモカシンは紺色のUGGです。

 食事をした店ではまるで常連のように振る舞い、「会社のアシスタントもよく来ている」と、店員にもやたら話しかけていました。しかし、なぜかコースで出てきたティラミスでは足りずにもう1個追加注文。さらに、最後のコーヒーについてきた角砂糖をカバンに入れて持ち帰るのです。

 極めつけは帰り道。男性はローソンを見つけると、「あ、『ローション』だ! ここって三菱商事が物流をやってるんだ。セブンは伊藤忠。で、僕はね『ローソン』のことを『ローション』って呼んでるんだけど、そう言うとアシスタントに『ローションじゃなくてロブション連れてってください』って言われるんだ」と得意げに話してきました。

 中年男性が「ローション」という単語を往来で口にするとは、下品極まりない……。さらに「名刺入れにブランド物は使わないんだよ。取引先に対しては謙虚でいなきゃいけないからね」と変な自慢も。

 ノーブランドっぽく見せて、実は高級ブランドっていうのがおしゃれですけど。おしゃれな人は言い訳しないし。

 そうしたいくつもの疑問は、「やはり変だ」という確信に変わるばかり。そして、収入があるはずなのに1回目も2回目もお会計は割り勘で、端数の数百円を払ってくれるだけ。「こっちはあなたの年収の半分もいかないんだからおごっても良くない?」と疑問を感じました。そして、自分のことを棚に上げ、この男性が結婚できない理由を考えたりも。

 にしても、「こんな人と2回目でお泊まりするなんてまずない」と思いました。デートの設定で週末を避けたことは正解だったようです。

 そんなこんなで疑問に感じつつ、3回目のデートを約束することに。次は土曜日の夕方。もしかしたらもしかすることもあるかも……な時間帯だけに、どんな風に迫られるのか気になってもいました。

 男性が忙しいということで、今度は私が予約を担当。場所の候補を3つ出してAにしたのですが、連絡をすると「Bと場所を間違えた」と言い出しました。そこで、冗談混じりで返したところなぜか激怒。場所を間違ったのはあちらなのに、「とにかく帰る」など怒涛の逆ギレやいきなり下品なメッセージが続いて驚きました。

 疑惑は持ちつつも、せっかく見つけたハイスペ男子。情緒不安定なところも独身の理由かなと思いつつ、「これでご縁が途絶えるのもなぁ」と、なぜか私から謝罪のメッセージを送りました。

「いずれにしろ、この人とはご縁はないな」と確信していたのですが、翌日の午後5時頃には機嫌が直ったのか、さらりと連絡が。そしてここからは突然本性を現し、驚くほど雑な方法で詐欺を仕掛けてきました。