料理・グルメ

「サヤインゲン」と「インゲン豆」なにが違う? 農家の嫁のおいしい話

著者:こばやし なつみ

タグ: , , ,

サヤが丸く筒状の「丸さやインゲン」【写真:こばやしなつみ】
サヤが丸く筒状の「丸さやインゲン」【写真:こばやしなつみ】

 秋の訪れを感じつつある今日このごろ。ちょうど夏野菜との入れ替わりの時期なのかもしれません。「旬の終盤を迎える『サヤインゲン』はおいしいですよ」と言うのは、バリキャリ女子だった東京の会社員から“脱サラ”して4年前に茨城の兼業農家に嫁いだ農家の嫁“なっちゃん”こと、こばやしなつみさん。現在、年間40品種の野菜を育てる小さな農業に励むなっちゃんが、この時期においしい「サヤインゲン」について2回にわたってお届けします。1回目は、自身の経験と新鮮なものの見分け方について。「サヤインゲン」が身近になるかも。

 ◇ ◇ ◇

「旬の終盤」こそ、「サヤインゲン」はおいしい!

 9月も中盤を過ぎ、夏野菜の収穫最盛期は落ち着いてきましたが、我が家の畑では「サヤインゲン」が食べ頃です。「サヤインゲン」は、鹿児島や沖縄から北海道まで日本全国で作られていて、周年出回っていることから、お料理の彩りとしていつでも楽しめるのも嬉しい野菜のひとつですね。一方、国産のサヤインゲンがスーパーや直売所に多く出回る旬の時期は、初夏から秋にかけてです。お野菜は収穫がスタートする“旬の始まり”の時期に注目があつまりがちですが、実は“旬の終盤”も逃さないで欲しいのです。今この時期の“秋採れ”の「サヤインゲン」もまだまだおいしくいただけます。
 

「サヤインゲン」と「インゲン豆」 出生魚の「ブリ」みたいなもの?

「サヤインゲン」は、原産地がメキシコ南部から中央アメリカの、マメ科インゲンマメ属の野菜です。採れたての「サヤインゲン」は、サヤの爽やかな甘みとポリポリッとした食感が特徴です。脇役のイメージがある野菜ですが、どっさり炒めると、メインのおかずとしても食べ応え十分! 実は魅力あふれる野菜だと私は思います。

 ところで、「サヤインゲン」と「インゲン」豆の違いって知っていますか? 恥ずかしながら、自分の経験を言うと、気にしたことがなく……。嫁いできた当初、義母に「サヤインゲンを収穫するよ」と声をかけられた時「ん? “サヤインゲン”は、“インゲン”と違うのか? あれ? “インゲン豆”ってなんだっけ?」などと頭が少々混乱しました。改めて調べてみると、これらは成長過程に応じた呼び名の違いでした。

 マメ科の野菜は種類が非常に多いのも特徴です。サヤインゲン属の他にも、ダイズ属(大豆、枝豆など)、エンドウ属(絹さや、グリンピース、エンドウ豆など)、ソラマメ属、ラッカセイ属(落花生)、ササゲ属(緑豆、ササゲ、あずきなど)など細分化するときりがありません。

 なるほど、ブリやスズキなどの出生魚みたいなものかと当時自分なりに解釈したのを覚えています。しかし実際はもっと複雑で、普段食べている野菜や加工品の原料となっている豆やその品種を答えるのは結構な“難問”かもしれません。