料理・グルメ

秋のお弁当のおかず 子どもも喜ぶ「レンコンミニハンバーグ」と「メカジキの焼き漬け」 絶品作り置きレシピ2品

著者:市川 千佐子

タグ: , , , ,

【画像】人気料理家直伝 作り置きおかず2品をケチャップとチーズでアレンジすれば、子どもも喜ぶおかずに 実際の画像

この投稿をInstagramで見る

【発酵調味料で手早く 秋のお弁当 作り置きおかず2品・アレンジ】 . @hint_pot にレシピ掲載予定 . . . ▽▽▽お知らせ▽▽▽ . 『心も体もここちよい~ゆるまる料理会』 . お野菜とたわむれるところから始まる レシピのないお料理会。 「料理瞑想」のような秘密のワーク後 ゆるゆると遊ぶように料理をしていきます。 お野菜たっぷりのランチと、リラックスのひとときをお楽しみください。 . ●日時: 10月10日(木) 10〜13時 . ●場所: 目黒 碑文谷・市川千佐子クッキングサロン (東横線学芸大学駅から徒歩7分) ※お申込みの方に限り、詳細をお伝えします . ●会費: 8800円 . *手ぶらでOK、洗い物なし *季節のスイーツ付き . アットホームな雰囲気の少人数制クッキングサロンです。 ※お子さま連れの方は、ご相談下さい♪ . 詳細は @chisako.tenzo リンク・ブログにて . ▽▽▽ . 【参加された方のご感想】 *野菜の手ざわりや香りなど、普段意識しない所に注目できて、新鮮な発見がありました。 料理に正解はなく、好奇心を持って楽しむのが、良いんだなぁと知ることができました。 (恵比寿 Dress hair 中庭廣明さん) . *初めての方たちばかりなのに、 リラックスして参加出来たからか、 ヨガをやった後みたいに、 眠くて眠くてゆるんでいて… とても居心地の良い空間でした。 (世田谷区 Mさん) . *前日まで、思考がガチガチでしたが、 この場に来たら緊張感が抜け、 その場の思いつきで楽しく作ることが出来ました。 「料理は苦手」の思い込みが、 はずれてきた気がします。 (目黒区 Rさん) . *食材とスキンシップをして、 思いのままに感じるままに調理をして、 童心に返ったり、今の感覚に忠実になったりと、 自分の中のピュアな部分に触れることができました。 更に、自分が深掘り&開花されたんです。 (世田谷区 Tさん) . *野菜たちと話すことが出来てうれしい。 体が喜んでいる。体の力が湧いた。 体に直接秘密の方法使って選ばせるから、 体が秘密の方法によって食したい物選ぶから、 体が光るんだ~。 (髪の禊師 関本愛子さん) . ▽▽▽ お問い合わせ・お申し込みは DM、ブログからどうぞ @chisako.tenzo リンク・ブログからお願いします。 . フードコーディネーター こころとからだを整える料理家 目黒・碑文谷 市川千佐子クッキングサロン . #発酵食 #発酵食品 #発酵 #麹 #塩麹 #醤油麹 #化学調味料不使用 #ゆるまる料理 #料理 #cooking #おうちごはん #instafood #food #手料理 #japanesefood #レシピ #foodstagram #homemade #料理写真 #クッキング #ていねいな暮らし#こころとからだを整える料理家 #旅する料理家 #料理教室 #目黒区 #東京 #japan

市川 千佐子 Chisako Ichikawaさん(@chisako.tenzo)がシェアした投稿 –


この記事に戻る

市川 千佐子(いちかわ・ちさこ)

料理家・調理師。1990年代から、フードコーディネーターとしてテレビ・新聞・雑誌など、様々な料理企画やレシピ開発などに携わる。その後、子育てや介護の経験から、心と身体の健康と食に注目し、2017年から東京・目黒区で「市川千佐子クッキングサロン」を主宰。塩麹や甘酒作りの発酵食品を取り入れ、簡単に作れて体に優しい家庭料理は、世代を超えた広い支持を得ている。